麻糸乾漆椀製作工程


1.成形
型を作り、麻糸を巻き付け脱着する。

2.木固め
生漆を吸い込ませる。
2回行う

3.焼きしめ
素地に漆を密着させる
為の作業

写真は、焼き付ける釜。
温度は、140度位で
30分位焼き付ける
用語集
木固め(きがため)
刻苧(こくそ)
生漆(きうるし)
錆(さび)
錆固め(さびがため)
素黒目漆
(すぐろめうるし)


4.刻苧(こくそ)
隙間を埋める作業

刻苧(こくそ)とは、糊漆
に木粉を入れた物です


刻苧(こくそ)


刻苧(こくそ)作業前の
内側

刻苧(こくそ)作業後の
内側

5.生漆を塗る
刻苧が乾いたら、生漆
を塗り、刻苧を固める

6.空研ぎ
乾いてから、布ペーパ
ーで表面を研ぐ

7.錆下地 
最後の素地の調整


砥の粉と生漆をねった
物。今回は地の粉も
入っています(切り粉)

錆下地作業前(左)
作業後(右)


8.空研ぎ 
錆が乾いてから、
布ペーパーで研ぐ



素地の完成


9.錆固め 
生漆を塗り、錆を固める



生漆で外側、乾いたら
内側を塗る

10.空研ぎ 

8.の作業と同じ
画像は省略

11.下塗り 
本格的な塗りの始まり
内・外、片側づつ塗る


細かい不純物を取る為
和紙で素黒目漆を濾す

12.水研ぎ 
漆が乾いてから、
水ペーパーで研ぐ
13.中塗り 
14.水研ぎ
15.上塗り 
16.水研ぎ
11.12の作業と同じ
塗りと研ぎの繰り返す
事で表面を円滑になる


17.色付け

銀朱の木地呂漆を塗る

銀朱の色粉(黒田朱)
入手が難しい品です

木地呂漆と色粉を
練り合わせる


和紙で濾す

何度か繰り返し
器に入れる

18.仕上げ塗
木地呂漆を塗る

仕上げ前(左)と
仕上げ後(右)
これで完成です。


 麻糸乾漆作品

飯椀
12×6

大椀16×7.5(左)と
飯椀(右) 朱内黒

大椀16×7.5(左)と
飯椀(右) 黒内朱

大椀 16×7
ぼかし塗り

私も飲屋に連れて
   行って
  8×3.5

盛皿(黒) 秋冷
21×19×3

盛皿(白) 秋冷
21×19×3

盛器 秋冷
28×15×4

茶椀
12×7

小皿 柿の菓器
10×8.5

ヘタは本物の柿のヘタ

御蒔絵やまうち
御意見、御質問等がございましたなら、メールにてお願いいたします。

トップページ